MENU

1年程度を考えて

専門的な薄毛の治療を行う際には、その治療にかかる期間としてだいたい1年程度見積もっておく必要があります。なぜ1年程度が良いのかというと、髪の毛のサイクルには必ず一定以上の期間が必要になるからです。

 

髪の毛は、単純に成長だけを繰り返しているわけではなく成長と退行を繰り返しています。成長が必要な状態にまでやってくると退行が始まり、そしてその対抗が終わると髪の毛の成長は休止します。そして、薄毛の症状というのはこの休止の期間で髪の毛のサイクルが止まってしまう現象のことを指すのです。髪の毛は休止期に入ると元の成長期に戻り成長を始めることになるのですが、薄毛の症状になるとこの正常なサイクルが機能しなくなります。ですから、薄毛の治療というのはこの成長サイクルを改善するために行うものであるという前提をしっかりと理解しておかなくてはいけません。

 

 

この髪の毛の成長サイクルは、数日や数週間単位で行われるわけではなく数ヶ月単位で行われます。成長期から休止期に入ってまた成長期になるまでにはだいたい1年程度が必要になりますので、薄毛の専門的な治療を行う際にはこの位の期間を見積もっておくほうが無難なのです。

 

経過観察をしながら症状を改善していくことが薄毛治療の基本です。

スマホでもタブレットでもご覧頂けます!